設立の背景など

富士山本宮浅間大社を中心とする門前町として発展し、かつては "大宮の市"を開き 大変賑わっていた富士宮市だが、時代の流れに逆らえず 中心市街地が空洞化。
現 富士宮やきそば学会会長 渡邉 英彦がリーダーとなり、一般の市民 有志一同がワークショップを行う。
その後 他県にはちょっとない特徴のある 「 やきそば 」 に注目し、富士宮やきそばを通じて 元気なまちづくりを目指すまちおこしを実行
お金を使わず情報発信を行うことをモットーとし、9年間で 経済効果439億円データ参照) という驚くべき実績をあげた。